【click!】フリーライター始めました

【虜囚の犬】女性監禁事件と歪んだ「家族」の末路とは?

こんにちは、松波慶次です。

櫛木理宇さんの『虜囚の犬』をご紹介します。タイトルや表紙絵からして、悍ましそうですよね……。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:虜囚の犬
著者:櫛木理宇

あらすじ

元家裁調査官の白石は、親友で刑事の和井田からある話を聞かされた。

それは、白石が過去に担当した少年・薩摩治郎が殺されたというものだった。しかもそれだけでなく、治郎は自宅で女性を監禁・殺人までしていたという。

女性を裸のまま鎖に繋ぎ、ドッグフードと水を与え、飼育ーー。

なぜそのようなことをしたのか。治郎を殺害したのは誰なのか。白石は歪な「家族」を目の当たりにしていく。

感想

相変わらず、櫛木理宇さんの小説は凄惨な内容ですね。

鎖で逆さ吊りにされ顔を真っ赤にして死んだ女性や、ドッグフードを食べる描写など、リアルに想像できて恐ろしくなりました。

今作のキーワードは「犬」です。

そして、加害者も被害者も、夫からのDV、父親からの虐待・性暴行など、真っ当な「家族生活」を送られていなかった。

DVももちろん許せませんが、性暴行など、反吐が出ますね。

実の娘でも義理の娘でも、欲情するなんて本当に気持ち悪い。家族間のそういう感情は、吐き気が込み上げてきます。

……読者にここまで嫌悪を抱かせる、櫛木理宇さんの生み出すストーリー、描写は本当に面白く、私は好きですが笑

虐待をしていた海斗の親が報復されたときは、暴力を肯定するわけではありませんが、スカッとしました。

海斗と未尋の友情が良き方向に向かって続きそうなことにも、安堵しました。「人を支配しよう」などとは考えず、幸せな楽しい人生を2人で送って欲しいと思います。

事件の真相については、最後、怒涛の勢いで暴かれていくのですが、ついていくのが少し大変でした。

あまりにも急展開だったので(^_^;)

梓と志津の関係については深掘りされず、あえてなのかもしれませんが、もう少し詳しく知りたかった気持ちがあります。

また、治郎や治郎の友達たちが志津に飼い慣らされたことについても、飼い慣らされていく過程が欲しかったな、と思ってしまいました。ちょっと唐突な感じがありまして……。

真相について思うところはありますが、楽しく読ませていただきました。

白石にとってハッピーエンドでしたし、そのまま「良かったね」で終わる……と、思いきや!

エピローグで志津の「犬」の話を入れてくる、鬼畜の極み!笑

ハッピーな気持ちは嫌悪と同情に変わりました。志津も、被害者だったのだと……。だからといって人を傷つけていい理由にはなりませんが……。

心を重く感じたまま、本を閉じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です