【狂骨の夢】首なし死体と髑髏の目撃!気味悪い事件の真相とは?

こんにちは、松波慶次です。
今回は、京極堂シリーズ第3弾「狂骨の夢」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:狂骨の夢
著者:京極夏彦

あらすじ

ある小説家が、関口に相談をした。
その内容は、奥さんの様子がおかしいというものだった。

8年前の兵役忌避者の首なし死体、金色髑髏の事件、集団自殺……

まったく関わりがなさそうな事件や出来事の数々が、薄気味悪い姿を露わにしていく。

すべては、髑髏だったーー。

感想

今作、いままで以上に色々な事件が絡み合って複雑だったため、あらすじがあらすじらしからぬ状態になりました(^^;

話の肝は、「髑髏」。

髑髏に翻弄された人々が大勢出てきます。

ちなみに、私が前作「魍魎の匣」で気に入った人物、鳥口は今作に出てきませんでした……。
結構ショックです……。

「魍魎の匣」の記事はこちら↓からご覧ください。

もしかして、あの作品にしか登場していないのかなぁ?

そうだとしたら、やはり、ショックだ……。

まぁ、鳥口は出ませんでしたが、今作でも自称名探偵の榎木津はハチャメチャに暴れてくれました。
巻を追うごとに、榎木津の破天荒さが増してきていると思うのは私だけでしょうか?(笑)

でも、榎木津のことは大好きなので読んでいて楽しいです。

その場に似つかわしくないことばかり言うのも、榎木津の良さ。
次作での迷(←)活躍も楽しみです。

ちなみに、今作、京極堂が登場するのが遅かったです。

名前は出てきても、姿が出てこない。
作品の半ば頃だった気がします、登場したのが。

でも、京極堂だからそれも頷けてしまいます。
表で活躍するけど、その潜むような日常、陰の中で生きるような姿は、目立ちすぎない。
派手に登場しない。ひっそりと、現れる。

他のキャラの濃い人物たちが前半盛り上げていますし、京極堂が最初から理詰めをしなくても十分面白いってことです(笑)

あ、それと。
私の関口に対する宙ぶらりんの思いが、「好き」に振れました。

なんでしょう。
京極堂や木場、榎木津にけなされている姿がかわいそうだとか、そういう同情の気持ちではないのですが、なんだか構ってあげたくなるといいますか。

3人の猛攻から庇いたいのかな?(笑)
とにかく、関口に対して好感を持てました。

次巻でも、きっと関口は苦労するでしょう。
破天荒で意味不明で自分勝手な友人たちに振り回されて。

だから、私は読みながら関口を応援します(^^)/

次はどのような事件に巻き込まれていくのか。
そして、榎木津はどのような面白い発言をしまくってくれるのか。

楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です