【禁じられた遊び】死者を蘇らせたい?こうなる覚悟があるならどうぞ

こんにちは、松波慶次です!

もう、タイトルからして分かりますよね……?
そうです、こちら、ホラー小説です……。

「禁じられた遊び」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です

タイトル:禁じられた遊び
著者:清水カルマ

あらすじ

伊原直人の妻、美雪は不慮の事故に遭い、死亡してしまう。
しかし、同じ事故現場にいた息子の春翔が美雪の指を事故現場で拾っており、

お母さんを生き返らせる

として、指を庭に埋め母の蘇りを祈り続ける。

やがて襲い来る、春翔の純粋な気持ちがもたらした脅威は、直人に好意を寄せていた元同僚の倉沢比呂子や、そのまわりの人たちにも影響を及ぼし……。

人を蘇らせようという思いは、やはり間違っているのでしょうか?

感想

今回の「禁じられた遊び」というホラー小説は、「火のないところに煙は」や「怪談のテープ起こし」とは違う感触でした。

その2つの記事はこちら

その2つはまさに「怪談!」という感じでしたが、今作は「ゾンビ映画」を観ているよう。
ですので、夜読んでも

怖い! 無理!

とならなかったです(笑)

もちろん、怖いな~と思うところはありました。
奇怪な現象もありましたが、どちらかというとアンデッド系
「サイレントヒル」の印象を受けましたね(敵対するものの正体が)。

アンデッドのように蘇った美雪。
すべての怪奇現象は美雪の力だとされていましたが、実はそうではなく息子、春翔の力だった。

それが分かったときは、驚きました。

そして、息子が母に抱く愛に、切なくなりました。
そのあと、春翔が死に、その身体の一部を直人が手にしたとき……
あれだけ恐ろしい目に遭っても、同じ過ちを繰り返そうとする姿に、辛くなりました。

自分の大切な人がもし、死んだら。
蘇ってほしいと思います。
また生きて、一緒に人生を歩みたいと思います。

ですが、人の「生死」を操ることは、許されざること

「死」を乗り越えていくのが、人生である。

……そう言ったところで、難しいことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です