【click!】フリーライター始めました

【一瞬の風になれ 3~ドン~】バトンを繋げ!高校生の熱い青春・完結!

こんにちは、松波慶次です。
ついにきました、前回、前々回ご紹介した『一瞬の風になれ』の最終巻!

『一瞬の風になれ 3~ドン~』をご紹介します。

第1部、第2部の感想は下記からご覧ください。

【一瞬の風になれ 1~イチニツイテ~】”陸上”を描く熱い青春小説
【一瞬の風になれ 2~ヨウイ~】惜しまぬ努力で天才に挑む

以下ネタバレ注意です!

タイトル:一瞬の風になれ 3~ドン~
著者:佐藤多佳子

あらすじ

ショートスプリンターの一年生・鍵山は、自信過剰で部の雰囲気を乱す困り者だった。部長である新二は、頭を悩ませる。

4継も、根岸から鍵山に代わり、鍵山、連、桃内、新二というショートスプリンターだけのメンバーになったが、根岸がいたときのように安定したバトン渡しができない。

高校3年生、最後の”走り”。新二は連や仙波に勝てるのか? ”自分の走り”をできるのか?

感想

”好きなこと”だからこそ、誰にも譲れないことや、プライドもある。鍵山にとって連は「速くて尊敬できる先輩」で、桃内は「レベル下の存在」だった。

先輩・後輩の立場をわきまえて行動すること、言葉を発することは大切。それができずに、実力だけで相手への接し方を変える鍵山は、最初は嫌なやつでした。

でも、連と同じハムストリングスの故障をし、自分を見つめなおす機会を得て、変わりました。人間関係、部活動の一員という自覚、春高のメンバーとして走る責任。

自信やプライドがあることは、いいことだと思います。勝負事では、その人の活力、オーラとして相手を圧倒することも、味方を鼓舞することもできる。

失敗して悔しがること、挫折することも、もちろんいい。ただ、それで相手に八つ当たりしたり、僻んで腐ったりしてはいけない。バネにしなくては。さらに上手くなろうとする意欲に。得た気付きを次に活かせばいい。

鍵山はケガから復帰して、4継メンバーとしてバトンの練習に打ち込みます。自主練もして、見下していた桃内のアドバイスも素直に聞きます。

関東大会を前にして、鍵山はやっと、春高陸上部員になれたのだと思います。

鍵山と交代し、インターハイ優勝という大きな夢を託した根岸は、かっこいいです。鍵山を交えたメンバーでのバトン渡しが上手くいかなくて、新二と桃内が「関東も根岸のままで……」と考えたのに、根岸はきっぱりと断りました。

関東大会まで繋いだ4継を走りたい思いはあったはずなのに。根岸は大人で、冷静で、新・4継メンバーの可能性を誰よりも信じていました。

人間関係や心情に、心揺さぶられ感動することはしばしばありましたが、今作を読んでいて一番感じたのは、”緊張”でした。

県大会の走り、関東大会の走り。特に、関東大会でのインターハイをかけた一発勝負の走りは、ずーっと心臓がバクバクと打ちっぱなしで、実際に競技場にいて応援しているかのようでした。

結果は、新二も連も100mでインハイ出場。1位・連、2位・仙波、3位・新二。100mでは、新二は仙波と並びました。1年のときは、新二にとって仙波は雲の上の存在でしたが、努力を惜しまず走り続けたことで、並べるまでになったのです。

そして、4継は優勝。もちろん、インハイにも出場します。鍵山、連、桃内、新二は、お互いの力を思う存分出せるバトン渡しができ、最高のリレーをしました。アンカーの新二は、怒涛の勢いで迫る仙波に先を譲らず、ゴールへ。ライバル鷲谷に、ライバル仙波に、初めて勝ちました。

努力を知っているから、感動しました。緊張ではなく、興奮で心臓がバクバク鳴りました。

熱い。本当に熱い、高校生たちの”走り”でした。

物語は、そこで終わりを迎えます。進出した関東大会200m走や、インハイは描かれていません。興奮冷めやらぬまま、新二たちの次の”走り”に、思いを馳せます。

本当に、素晴らしい作品でした。新二の兄・健一もボールを触れるぐらいに回復したので、今後サッカー選手として復帰することを思うと、安堵しました。

希望がある。

情熱がある。

興奮がある。

人間にとって、人生において大切なことを教えてくれるーー。

大好きな作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です