【一瞬の風になれ 1~イチニツイテ~】”陸上”を描く熱い青春小説

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、『一瞬の風になれ 1~イチニツイテ~』です。

今作は3部作です。まとめてご紹介しようかとも思いましたが、そのときそのときに抱いた新鮮な感想を記録したいと思い、分けることにしました。

2部、3部は読了後にご紹介したいと思いますので、しばらくお待ちください。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:一瞬の風になれ 1~イチニツイテ~
著者:佐藤多佳子

あらすじ

神谷新二は、サッカーの天才・健一を兄に持ち、憧れを抱いていた。兄と同じサッカーの道へ進むも上手くいかず、純粋にサッカーを楽しめなくなっていた。

サッカーの強豪校への進学も失敗し、足の速い親友・一ノ瀬連とともに春野台高校へ入学。そこで「陸上」と出会い、新二は「スプリンター」として心も技術も大きく成長していく。

感想

新二が抱く、「なんで上手くいかないんだ」という気持ちは、とてもよく分かります。新二は努力家で、負けず嫌いで、何に対しても全力です。

サッカーでも陸上でも、スポーツじゃなくても、上手くいかなくて地団駄を踏みたくなることはあります。

それが、努力しても努力しても実らなかったら、なおさらです。

新二は努力し、サッカーでは輝けなかったですが、陸上では100mのスプリンターとして注目を浴びます。期待の新人として、陸上部で歓迎されます。

練習でも手を抜かず、どうしたらカッコヨク走れるか考えます。そんな新二とは反対に、手を抜いても、努力をしなくても、連は速い。

偏食家で、体力がなくて、練習にも大会にもルーズな連。だけど、誰よりもカッコヨク、誰よりも速く、走る。

いっぱい努力をしているのに、連には敵わない。いい加減に才能を使うのなら、その才能を俺にくれ!

新二にとって、連は大切な親友であり、陸上の見本であり、尊敬の的であり、羨ましい存在である。

楽しさ、落胆、嫉妬、尊敬、悔しさ……さまざまな感情を抱く新二の気持ちが痛いほど分かります。だから、読者は物語に引き込まれてしまうのです。

果たして、新二は連の速さを超えられるのか。彼らの成長が楽しみです。

※第2部の感想【一瞬の風になれ 2~ヨウイ~】惜しまぬ努力で天才に挑む
※第3部の感想【一瞬の風になれ 3~ドン~】バトンを繋げ!高校生の熱い青春・完結!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です