【怪談】短文で作るホラー集③

こんにちは、松波慶次です。
以前、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿していた作品を、
こちらに掲載しています。

短文に潜んでいる恐怖

今回は、エブリスタで行われた「カイダンク」という企画で
2018年4月に執筆、投稿していた作品を掲載しています。

「怪談」+「句」=「カイダンク」なので、
短文の怪談話になります。

さらっと読める。
だけど怖い!!

ご覧ください。

①ブブブブブ

私以外誰もいないはずの部屋
「ブブブブブ…」
突然鳴り響く謎の音
振り返ると そこには
フタが少し空いた状態の
炭酸飲料のペットボトルが…

②ブブブブブ2

「ブブブブブ」
またペットボトルか
振り返ると 血泡を口に吹いた
女がいた

③混ぜても

色々な部位を
ミキサーにかける
結局 血の味しかしない

④空いてますか?

「隣、空いてますか?」
「どうぞ」
山奥の木々にぶら下がる
2つの死体

⑤縋り付く

私のことをキライになった
貴方の両目を抉り取る
これで貴方は 私なしでは
生きられないでしょ?

⑥底無し

あの空きカンのごみ箱
回収してる様子もないのに
満杯にならないんだよね
どこか別のところに
繋がっているのかな?

⑦離して

ベルトコンベアで流される同僚
その先には 裁断機
もうダメだ 掴んでいた手を離す
同僚が笑う ハナシテクレナイ

⑧フェイスマスク

「このフェイスマスク、よく出来ていますね。
手触りが人間の肌そのものですよ」

「そう言ってもらえて嬉しいよ。
新鮮なまま剥ぎ取るの、大変だからさ」

⑨未来

僕の部屋のテレビは
未来が映る それとも
僕が過去に戻っているのか

⑩飛行機

空を飛ぶ飛行機を眺めていた
ナニカが僕の元に落ちてくる
あっと思ったときには
僕の身体は潰れていた

あとがき

「①ブブブブブ」は、当時私が実際に体験したことです。
部屋で一人でテレビを観ているとき、ブブブブブと奇妙な音が聞こえました。

え!? な、なに……!?

と焦った私が辺りを見回すと……

フタが少しだけ空いた炭酸飲料のペットボトルが、
泡を出しながら「ブブブブブ」と鳴っていたのです……。

そんなことかぁ~

怖くないわ~

と思われたかもしれませんが、

あれ! 結構怖いですよ(´;ω;`)!!
びっくりします!!

そんなしょうもないことを、ネタにしました(笑)

改めて読んで……しょうもなっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です