【click!】フリーライター始めました

【東大教授がおしえるやばい日本史】あの偉人の裏の顔!?軽いノリとイラストで歴史を知る!

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、『東大教授がおしえるやばい日本史』です。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:東大教授がおしえるやばい日本史
監修:本郷和人

あらすじ

織田信長や太宰治など、歴史上の人物のすごいところ、やばいところを、軽いイラストと軽い解説で対比しながら描く、楽しく歴史を学べる本。

感想

「これなら歴史が苦手な人でも楽しんで読めそう」と思えるほど、解説は難しくないし、必要であれば簡単な注釈もあるし、イラストはインパクトあるしで面白かったです。

私はもともと歴史が好きで、特に戦国時代の「すごいところ、やばいところ」は知っている内容が多くありましたが、それでも、いわゆる「諸説あり」系に値するんだろうなぁと思う解説もあり、「あぁ、そういう説もあるのね」と知識の幅を広げることができました。

もちろん、知らなかったことも多くあり、特に、野口英世の「持参金受け取り海外逃亡婚約破棄」は印象強く残っています。しかも、持参金の返済を恩人(勤め先の上司)にさせることになるという……。

いやー、「偉人」になるだけあってその行動や思考回路もすごいですね(笑)

突飛すぎる思考を持つ人もいれば、非常に人間臭い思考(色恋沙汰など)を持つ人もいて、楽しみながら歴史上の人物の「裏の顔」を知ることができました。

こういう本から、歴史に一層興味を持つ人が増えると嬉しいですね。「ちょっと気になるかも!」と興味を持った人は、ぜひ読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です