【click!】フリーライター始めました

【プレーンソング】ほのぼのストーリーと独特な文体

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、『プレーンソング』です。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:プレーンソング
著者:保坂和志

あらすじ

「ぼく」の住む2LDKのアパートに、個性豊かな男女が泊まり込み共同生活を送る。

先輩と交わす競馬の話。猫にご飯をあげて街を歩く日々。そして、自由奔放なメンバーで海に行く。

ゆったりとした時間の流れを感じる、ほのぼのストーリー。

感想

保坂和志さんの小説は、初読みでした。

「どういう描き方をするのだろう」とワクワクして読み始めると、とても独特! 基本的に、一文が長い! 本当に喋っているかのような、言葉の長さです。

だからといって「読みづらい」ということはなく、ほのぼのとしたストーリーと同様に、ほのぼのとした気持ちで読むことができました。

個性豊かな人物が登場する、日常のストーリー。「よく初対面の人を抵抗なく家に泊めさせるな」と、主人公に対して思いながら、出てくる猫に癒され、海でぼーっと過ごしたくなりました。

保坂さんの独特な文体を読み進め、解説ページ。これもまた面白い!

ストーリーの解説というより、保坂さんの文章についての解説をしていて、読んでいて「なるほど!」と改めて保坂さんの文章のすごさ、面白さを感じました。

この小説は、私の中で「新発見!」な小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です