【click!】フリーライター始めました

【金閣寺】比喩や文章の圧倒的な美しさ!三島ワールドに酔う!

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、三島由紀夫の有名作『金閣寺』です。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:金閣寺
著者:三島由紀夫

あらすじ

寺の子で、昔から吃りがある私は、同級生から吃りを馬鹿にされてきた。

そんな私は金閣寺の僧として暮らし始め、昔から抱いていた金閣寺に対する特別な思いを増幅させていった。

現実、私の思想にまで現れるようになった金閣寺。恐れと尊敬。

そしてついに、私は「金閣寺を燃やそう」と思い至るーー。

感想

三島由紀夫の作品は、『仮面の告白』しか読んだことありませんでした。それが気になったのも、中田敦彦氏のYouTube大学で紹介されていたのを見たからです。

気になって、小説を読んで、「三島由紀夫、面白い!」と心を掴まれました。

しかしそれ以後三島作品を読むことがなく、久しぶりに手を伸ばしてみたのが本作『金閣寺』。

青年が金閣寺を燃やす話。そのくらいしか予備知識を持っていなかったのですが、「有名な文学作品」だし、内容も気になったので、読んでみることに。

読んですぐ、洗練された比喩や描写に圧倒されました。美しい文章、言葉たち。

「『仮面の告白』もこんな感じだったっけ?」と軽くショックを受けながら、三島由紀夫の綴る文章たちに呑み込まれていきました。

「生」のために金閣寺を燃やす。美しく、尊敬し、恐れていた金閣寺を。そうすることで、「生」を実感できる。

本作の主人公の心情は、ぜひ小説を読んで、その生々しさを肌身で感じていただきたいです。

この「金閣寺を燃やす」話が実際にあった事件だったことは、小説の巻末で知りました。あの金閣寺が現実に放火されていたとは……(しかも1950年に)。

三島由紀夫の作品は読みやすいので、「文学作品苦手!」という方にもおすすめできます。

また、今作を読んでいる途中で「『ニッポニアニッポン』と似ているな」と思いました。主人公が強い意志を持って良くない方向へ行動するところが、です。

そちらの話も面白いので、気になった方は読んでみてください。

『ニッポニアニッポン』の読書記録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です