【click!】フリーライター始めました

【ジゼル】バレエダンサーたちの美しき誇りと燃え盛る憎悪

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、少しだけホラー感のあるサスペンス小説『ジゼル』です。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:ジゼル
著者:秋吉理香子

あらすじ

如月花音は、東京グランド・バレエ団に所属するプロのバレエダンサーだ。バレエ団の創立十五周年記念の演目は、「ジゼル」。十五年前、伝説のプリマ・姫宮真由美が団員を襲いその後死亡したことでタブーとなっていた演目……。

バレエダンサーなら踊りたいと憧れる「ジゼル」が解禁になったことで喜ぶ団員達。しかも、花音は準主役を演じることになった。嬉しい反面、同期から剥き出しの嫉妬心を向けられることになり、苦悩する。

しかも、死亡したはずの姫宮真由美が劇団で目撃されるなど、不可解な出来事が頻出するようになりーー。

不可解な出来事は、果たして亡霊の仕業なのか? 「ジゼル」は無事公演されるのか?

バレエの奥深さやダンサーたちの苦悩も分かる長編サスペンス。

感想

今作は、「バレエ」を軸にして描かれたサスペンスです。私はバレエについてほとんど詳しくありません。「白鳥の湖」は聞いたことがありますし、映画「ブラック・スワン」も観たことはあります。つま先立ちで踊ることも知ってはいますが、その程度です。(「ブラック・スワン」の内容も、残念ながら忘れてしまいました……)

そのため、ページを開いてすぐに始まった、トゥシューズを痛めつけるシーンに、まずとてつもなく驚きました。

バレエダンサーは自分の足に合うようにするため、トゥシューズを床に叩きつけたり水に濡らしたりして柔らかくするみたいですね。しかも、消耗品だからストックを何足も用意しておくとか。

知らなかった世界を見られて、読み始めて早々楽しくてしょうがありませんでした。

もちろん、ストーリーはバレエダンサーたちやバレエが軸となっているので、他にもバレエの知識歴史的出来事も知ることができ、知的好奇心を刺激されまくりでしたね。

ストーリー内容については、亡霊騒動のシーンでは少し怖くなりました。「ホラー小説じゃないから幽霊ってオチはないだろう」とは思っていましたが、それでも夜一人で読んでいると小さな物音や家鳴りが気になりました(笑)

最終的に、バレエ団の監督でありトップレベルのバレエダンサーでもある蝶野幹也が犯人(?)と分かりましたが、じゃあ「姫宮真由美の亡霊はなんだったのか?」と疑問が……。

花音の同期・蘭丸が花音に聞くと「本当に亡霊だったんだよ」と……っておいおいおーい!! ちょっとそのオチはない(笑)亡霊は本当に亡霊でした、じゃ、興がそがれる!

と一人焦っていると、ラスト数ページでさらなる真実が。

「姫宮真由美の亡霊の正体は、真由美の一番下の妹で、花音の妹でもある彩佳でした」とな。そうです。姫宮真由美と花音、彩佳の三姉妹は、両親が亡くなったことで児童養護施設に預けられていました。それぞれ別の人に引き取られたため、苗字が違いました……。

この事実を知ったとき、時が止まりましたね! まさかクライマックスを過ぎてからさらなる真実が突き付けられるとは! 花音が「三姉妹だ」という話をしたページが最初のほうにあるのですが、そこに一旦飛んで、読み直しましたね。

驚いたのと、「あぁ、亡霊は亡霊ってオチじゃなくて良かった」と思いました。

ただ、巻末の解説(千街晶之氏)によると、「単行本ではややアンフェアな印象があり、文庫化で改稿された」そうなので、もしかしたら単行本では「亡霊は亡霊でした」ってオチだったのかな? と勝手に勘ぐっています。

ま、『ジゼル』(小学館文庫)は面白かったので、満足です!

バレエダンサーたちの嫉妬や僻み、プロであり続ける苦悩や羨望なども丁寧に描かれているため、人間模様もとても楽しめます。

バレエの知識がある方もない方も、どちらにもおすすめできる作品なので、ぜひ読んでみてください!(そしてきっと演目「ジゼル」を観たくなります(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です