【click!】フリーライター始めました

【むらさきのスカートの女】ホラーとは違う怖さあり!露わになる本性

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、『むらさきのスカートの女』です。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:むらさきのスカートの女
著者:今村夏子

あらすじ

”私”は、「むらさきのスカートの女」と友達になりたかった。だから、仕事を探す彼女に”私”が働いている職場へ来るよう間接的に誘導した。

地味だった彼女は、所長やチーフに気に入られ、仕事も頑張り、次第に人が変わったようになっていった。

話しかけるタイミングを逃し続けた”私”は、あることでやっと話しかけることに成功するがーー。

感想

単行本で読んだのですが、思っていたよりも薄く、45分ほどで読み終わることができました。初読み作家さんでしたが、ストーリーの主人公である”私”の一人称で進む読みやすい文体は、さくさくとページを捲らせます。

タイトルと表紙絵から、勝手にホラー小説だと思っていましたが、そうではありませんでした。しかし、ある意味ホラーのように怖かったです。

その怖さは、”私”の異常行動

「むらさきのスカートの女」こと、日野と友達になりたいと思った”私”、権藤は、ストーカーのように日野の行動を観察します。

クリームパンをいつもの公園のベンチで食べること、職を探していること、住んでいるアパートのこと、子供たちから遊びの標的にされていること……。

職を探しているなら、私と同じ職場で働けばいい。そうすれば友達になれる(話しかけられる)。ということで、求人雑誌を日野の目につくように置き、そのときを待ちます。

この時点で、「いやいや、話しかければいいじゃん!」と思ってしまいますが、それが権藤の気味の悪いところ。

決して話しかけない。話しかけたいと思っても、タイミングが掴めず回りくどいやり方で自分の存在をアピールする。

仕事が休みの日にまで、日野の行動を知るために出勤しようとしたり、不倫の現場を観察したりするのは、ある意味尊敬の念を抱きますね。

そこまでやる気力があるなら、話しかけることくらい簡単そうなのに……。

さて、権藤のストーキング行為も恐ろしいですが、日野もちゃんと恐ろしい、というかおかしい

職場で周りから気に入られるまでは良かったのですが、その後職場の上司にあたる所長と不倫。仲が良かったチーフたちとも険悪な仲になり、人が変わったように行動が派手になります。

新しい自分を見つけたのか、それとも、地味な格好で隠れていた本性が露わになっただけなのか。

私は、本性が露わになっただけのような気がします。なぜなら、ストーリーの最後。不倫相手の所長と揉め、所長がアパートの二階から転落した際、動転する日野を助けたのは権藤でした。

権藤は、日野に「逃げろ」と言います。詳しい逃げ道や、自分が駅のコインロッカーに置いておいた荷物の一部を持っていくことなどを示唆しました。

あとから日野を追いかけ、一緒に逃走するつもりだった権藤。しかし、日野は権藤が示唆したとおりの行動をとらず、権藤の荷物をすべて持ってそのまま行方をくらましました。

すべては権藤のエゴによる行動でしたが、そのエゴを日野はあっさりと裏切ったのです。ここが、私が日野のことを「本性が露わになっただけ」と推測した理由です。

しかし、環境が人の性格を変えることはあります。果たして日野の場合はどちらだったのか。

何はともあれ、”異常”な作品でした。

「むらさきのスカートの女」と「黄色いカーディガンの女」を見たら、この作品を思い出しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です