【click!】フリーライター始めました

【家族狩り】崩壊した家族に”愛”はあるのか?凄惨な重厚サスペンス!

こんにちは、松波慶次です。
今回ご紹介するのは、『家族狩り』です。

タイトルと表紙絵から、血生臭さが漂ってきますね……。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:家族狩り
著者:天童荒太

あらすじ

ある家族が凄惨なやり方で殺害された。どうやら、両親を殺したのはその家で家庭内暴力を繰り返していた子供で、子供が両親を殺したあと自殺を図った、いわゆる一家無理心中らしい。

しかし、その捜査結果に異議を唱えた馬見原警部は、上層部に睨まれながらも独自で捜査を進めていく。

一方、高校の美術教師である巣藤は、教え子の芳沢亜衣が男とラブホテルに行き傷害事件を起こしたとして警察に呼ばれた。

教師とはいえ希薄な関係の自分がなぜ呼ばれたのか……。巣藤は訝しく思いながらも警察署に向かうーー。

さまざまな”家族”のさまざまな”問題”を描く、ページを捲る手が止まらない重厚サスペンス。

感想

読了後、まっさきに思ったことは、「良かった」です。

なぜなら、情緒不安定で非行少女と化していた亜衣が明るくなり、巣藤や児童相談所の氷崎と楽しそうに過ごしていたから。

生き生きと絵を描いていたから。

ひどいケガを負った馬見原が生きていて、妻・佐和子や娘の真弓と仲の良い”家族”に戻れていたから……。

この作品には、さまざまな問題を抱えた家族が多く登場します。

絵で食べていくという夢を父親に反対された巣藤。

父親に厳しく育てられ、右脚を悪くした氷崎。

抑圧しすぎた息子が事故を起こし死亡。娘は非行に走り、妻は精神を病んだ馬見原。

無関心な父親と、父親の言いなりの母親をもつ亜衣。

息子を夫に虐待され、その夫を刑務所に放り込んでくれた馬見原に”父親”を求める綾女。

そして、息子が家庭内暴力を繰り返すようになった、2つの被害者家族と、1つの加害者家族。

いままで多くの小説を読んできましたが、登場人物を全体的に見て、好意を持てる登場人物がここまでいない作品は初めてかもしれません。

馬見原は凄腕刑事ですが、非行に走った娘への対応がもどかしく、妻・佐和子のことは放っておく毎日。佐和子が喜んで夕食を作り、馬見原の帰りを心待ちにしているのに、綾女のもとへ行ったときには「おいっ!」と責めたくなりました。

巣藤の優柔不断さや、言いたいことをスパッと言わないところにはじれったさを感じました。(巣藤の場合、のちのち人間性が上がってきたので見直しましたが)

氷崎は人の話を聞かず突っ走るところがあまり……。でも、気の強いところは嫌いじゃないです。

綾女は、子供を守る姿はかっこいいですが、妻帯者である馬見原を引き留める行為には「あーもう! ダメだよ!」とムカムカ(心細いし、助けてもらった馬見原に頼りたくなるのも仕方ないかもしれないけど)

という感じで、「この登場人物好き!」と胸を張って言える人がいないのです(^^;

でも、だからこそ登場人物みんな人間らしくて、読者はこの重厚なサスペンスを楽しめるのだと思います。

グロイ描写はありますが、登場人物の交わりが面白く、テンポの良い展開に「どうなるの!?」と続きが気になりページを捲る手が止まりません。

長編サスペンスが読みたいという方に、おすすめの一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です