【鳥居をくぐるとき】その鳥居をくぐると、決して叶うことのない未来が見えた【著書】

こんにちは、松波慶次です。

私の著書3冊目をご紹介させていただきます。

ご購入はこちらから(Amazon)

Amazonのkindle電子書籍なので、kindle unlimitedに登録している方は無料で読むことができます。

タイトル:鳥居をくぐるとき

切なくも温かい、ヒューマンドラマ3本収録の短編集です。

その島の隠れた伝説。
それは、「死んだ人に会える」というものだったーー。

表題作含む3編収録。

「どんなに辛いことがあっても、人は生きていかなければならない」


<収録作>

「父の背中」
寡黙な父に対し反抗する息子。
しかし、ある日悲劇が訪れ……。
子を思う父親が引き起こした、不思議な物語。

「鳥居をくぐるとき」
事故で恋人を亡くした守谷翔は、恋人と行くはずだったある島へ向かう。
その島に向かう船で、一人の男と出会う。

男は、その島の隠れた伝説として「死んだ人に会える」と言った。

「鳥居が出たら、気をつけな」

そんな意味深な言葉を残し、男は先に島へ降り立つ。
半信半疑だった守谷の前に、鳥居が現れ……。

あなたは死んだ最愛の人に会いたいですか?

「夢の売買業者」
目に見えないものまで売買できる時代。
「夢」も一つの商売道具だった。

夢を売ると、一億円手に入る。
一億円払うと、夢が手に入る。

佐伯紀文は、夢を売りに来た。
夢を売ると、その者が抱く少しの望みも叶わなくなる。
彼が夢を売る理由とは……?

<読者の感想>
・読後感がいい
・絶妙なストーリー
・3作とも面白い

切ないけれど、ハートフルなヒューマンドラマが3作収録された短編集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です