【自殺考察】あなたは「死」に焦がれたことはありますか?【著書】

こんにちは。
松波慶次です。

私の著書1冊目をご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、自費出版で本を出版しました。

その金額は、150万円

高額な金額でしたが、「小説家になる」という夢を叶えるため、1つの手段として選びました。

そして出版したのが「自殺考察」という本です。

ご購入はこちら↓から

文芸社

Amazon

楽天

yahoo

その他のオンラインショップや、全国の書店でも購入可能です。

「自殺考察」には、3つの短編が収録されています。

  • 収録作
    「六道巡りツアー」
    「Ignorance is bliss.」
    「自殺考察」

私は身近な人の死を通じて「死ぬ」ということを実感し、いつ誰が死んでも後悔しないように、自分が相手に伝えたいことをきちんと伝えておくこと、大切な人を愛することを怠ってはいけないと感じました。

生きるということとは?

死ぬということとは?

私の本の読者が生と死について考えて、自分の人生を悔いのないように生きよう、という気持ちになってもらえたらと思います。


生と死について考えてもらえるように、「自殺考察」に収録されている3編は次のようなテーマで書きました。


「六道巡りツアー」

<あらすじ>
案内人シノミヤによる、死後の世界である六道を巡るツアー。
参加者はただのツアーだと思っていたが……

<テーマ>
死後の世界

「Ignorance is bliss.」

<あらすじ>
大崎克也は、恋人の祖父が所有しているという島に遊びに行く。
「浜辺以外には行くな」と祖父に言いつけられていたが、言いつけを破り、島の森の中へ入っていくと、そこには古めかしい建物があった。

<テーマ>
生きたくても生きられない人もいる
知らないだけで、自分たちがいまいる場所でも凄惨な事件があったかもしれない

「自殺考察」

<あらすじ>
右目に大きな火傷の痕がある高校生の高木侑里は、その醜い顔のせいで同級生にいじめられていた。
自分を取り巻く環境に恨みを抱いていた侑里に、ある日同級生の本田志帆が侑里を救う方法として「自殺する」ことを提案する。
こうして、2人の自殺考察が始まった。

<テーマ>
生きていること


すみません、テーマをきちんと書くとネタバレに繋がるので、大雑把に書かせていただきました。

「イヤミス」と呼ばれる部類に入ると思いますが、「自殺考察」は考えさせられる作品です。

ぜひ読んでいただき、「生」と「死」について新たな波紋を広げてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です