【怪談】短文ホラー集⑥

こんにちは、松波慶次です。
以前、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿していた作品を、
こちらに掲載しています。

短文に潜んでいる恐怖

今回は、エブリスタで行われた「カイダンク」という企画で
2018年4月に執筆、投稿していた作品を掲載しています。

「怪談」+「句」=「カイダンク」なので、
短文の怪談話になります。

さらっと読める。
だけど怖い!!

ご覧ください。

①排水口

排水口に絡んだ髪を引っ張った
長い 奥の方に引っかかっているようだ
次第に見えてきたのは
恨めしげな 女の顔

②最後の写真

はい、チーズ
みんな、もう少し笑ってよ
これからガス室に行くみんなの
最後の集合写真なんだからさ

③折れた

雛人形の首を折ってしまった
その日の夜 妹の首が折れた

④井戸

「この井戸は水が枯れているのですか?」
「少し前はあったのですが詰まったらしくて」
中を覗くと 猫の頭がぎっしり詰まっていた

⑤かくれんぼ

もういいかい?
もういいかい?
あの子の返事は
ついに聞こえなかった

⑥誰?

髪、伸びてきたな
何気なく髪をかき上げてみると
人肌の何かに当たった
髪の中に、誰かの手があった

⑦落ちる

決められたレールの上を進んでいたら
いつの間にか奈落の底へと落ちていました

⑧夢

夢で会う君は
あのときと同じ美しいままで
僕の隣に横たわる屍は
ただ朽ちていくだけで

⑨せりあがる

喉から何かがせり上がる
言えずに溜め続けた言葉のナイフが
自分を切り刻む

⑩燃やす

嫌なものは すべて燃やしてきた
点数の低いテスト 壊れたおもちゃ
そして 僕自身も

⑪道連れ

マンションのベランダに立っていたら
目の前を人が落ちていった
慌てて下を覗くと 何もない
直後 後頭部に衝撃が

あとがき

今回で、エブリスタに投稿していたカイダンク集はラストになります。

いや~短文ですが、怖い話を考えるのは意外と頭を使いますね。
初めの頃はバンバン出てきたのですが、次第にいい話が浮かばなくなり

とりあえず何か出さなきゃ~!!

と、苦し紛れの話を公表したときもありました。

でも、これ、とても楽しいので。
いまの私versionでまたやろうと思います。

そのときはまた、お読みいただけますと嬉しいです。

よろしくお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です