【怪談】短文で作るホラー集②

こんにちは、松波慶次です。
以前、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿していた作品を、
こちらに掲載しています。

短文に潜んでいる恐怖

今回は、エブリスタで行われた「カイダンク」という企画で
2018年4月に執筆、投稿していた作品を掲載しています。

「怪談」+「句」=「カイダンク」なので、
短文の怪談話になります。

さらっと読める。
だけど怖い!!

ご覧ください。

①ハンカチ落とし

赤いハンカチを落とされた
とうとう徴兵された

②赤ちゃん

抱っこしていた赤ちゃんを落としてしまった
息絶えた赤ちゃん 可哀想に
ご両親が知ったら悲しむだろう

③覚めない

カイダンク 最後の投稿
これを投稿したら 眠りにつく
その眠りが 一生覚めることなく
悪夢の中を彷徨い続けるとしたら
どれほど恐ろしいだろう

④マスク

面白いので
口の絵が描かれている
マスクを買った
着け続けていたら
いつの間にか口がなくなった

⑤繰り返す

猫を轢いた
仕事帰り いつもの通勤路で
避けられなかった
それから毎日 猫が飛び出してくる
いい加減 成仏してくれ

⑥忘れてた

押入れの整理をしていたら
白骨死体が一体出てきた
あぁ、処理し忘れていたようね

⑦最善策

リスカ痕が目立ってきた
腕ごと切り落とせば
咎められずに済むだろうか

⑧乾涸びる

強い陽射しは 僕の乾いた心を
さらに涸れ上がる
誰か僕の心に 水を撒いてくれ

⑨ダーツ

ダーツをして 当たった臓器は
無料で提供するよ 欲しいだろ?
病に侵されていない 新鮮な臓器が

⑩写真アート

僕の友達が 色々な写真で
僕の肖像画を作ってくれたそうだ
完成品を見せてもらった
よく出来ている
「これは何の写真を使ったんだい?」
「僕の、死体コレクションさ」

あとがき

「カイダンク最後の投稿」って言ってるやつありますね。

それが言う通り、その短文は最後に投稿したのでしょう。
(順番通り載せろって感じですけど、投稿日付順に並べて載せるの面倒くさくて色々大変で……)

カイダンクの続きは、「短文で作るホラー集③」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です