【悲しみのイレーヌ】残虐残忍!迷宮に誘われる最悪のサスペンス

こんにちは、松波慶次です。
『その女アレックス』でその名を知った方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、ピエール・ルメートル作『悲しみのイレーヌ』です。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:悲しみのイレーヌ
著者:ピエール・ルメートル

あらすじ

カミーユ警部は、ある日残虐な事件現場に足を踏み入れた。大量の血が流され、2人の女性が無残な形で殺されていた。

犯人の行方を追っていると、その事件は以前に起きた猟奇殺人と同じ犯人であることに辿り着いた。そして、共通点はミステリ小説を模していること。

妊娠中の妻・イレーヌを気遣いながら、犯人を追うカミーユとそのチーム。

しかし、事件は最悪の展開を迎え、衝撃の事実が明らかになるーー。

感想

ネタバレ注意って言っているため、言いますよ? ネタバレしますよ?

最悪の展開とは、カミーユの妻・イレーヌが犯人に誘拐されること。そして、衝撃の事実とは、いままで読んできた『悲しみのイレーヌ』が、作中の犯人が書いた小説であったことです。

作中の犯人は、自分で小説を書き、警察からもらっていた情報によりカミーユやそのチームの性格、行動を知っていました。そのため、リアルな行動や会話を描くことができたのです。

そのため、読んでいる私(読者)は、それがカミーユたちの真実の言動だと疑いもせず読み進め、そしてイレーヌが誘拐されたところで、現場に置かれていた犯人が残した小説をカミーユたちが読むことにより、犯人が書いていた小説を読まされていたことに気が付くのです。

何言ってるかよく分からない! という方は、ぜひとも本作を読んでいただきたい!

作者・ピエール・ルメートルの構成力、文章力に驚きますし、騙されます。

しかし、注意していただきたいのが、グロさです。

あ、その前に。話させてください! 妊娠中のイレーヌが誘拐されたとき、私の頭の中には「セブン」が浮かんでいました。あの、胸糞悪い洋画です(作品自体は好きですよ)。

そもそも、妊娠中の妻がいる警部という設定で、これはのちに奥さんが犯人に狙われるんじゃないか? と疑っていたら案の定でした。

「セブン」が浮かんだ私は、どうかイレーヌと子供、助かって~! とドキドキしながらページをめくっていきましたが、結末は最悪。後味が悪いですね。

さて、話を戻しますがグロ注意です。犯人の犯行は残虐残忍、サイコパス、シリアルキラー! ありとあらゆる恐怖の言葉を投げかけても足りないくらい、ひどいやり方で殺人を犯します。喉に腕を突っ込んで気道を取り出すんですよ? 唇を爪切りで切り取るんですよ? あぁ、おぞましい!

後味が悪くて最高にグロイ今作、苦手な方は回れ右したほうがいいと思います。それでも読むという方は、心して読んでください。

また、今作の次が『その女アレックス』という作品ですが、実は私、最初にこちらを読みました。『その女アレックス』もとても面白く、その作品の前作ということで、前作があったのか! と驚くとともに、面白いこと間違いないだろうという期待もあったため、躊躇いなく今作を手に取りました。

今作を読み終わったいま、『その女アレックス』でカミーユや彼のチームがどういう捜査をしたのか、イレーヌを失ったカミーユがどういう心情なのかを改めて知りたくなり(『その女アレックス』ではアレックスのことばかり印象に残っていて、カミーユや他警察のことが米粒ほども残っていないため)、読み返したくなりました。

残念ながらいま手元にないため、読み返すのはまだ先になりそうですが……。

ピエール・ルメートルの他の作品も、色々読んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です