【檸檬】黄色い爆弾〜美しくて面白い作中描写〜

こんにちは、松波慶次です!
今回は文学小説「檸檬」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:檸檬
著者:梶井基次郎

あらすじ

表題作「檸檬」を含む短編集。

作品の最後には梶井基次郎についての解説、写真などが含まれています。

感想

読んで思ったのが、作中の描写がとても綺麗で面白いということ。

現代でも人気で、読まれるだけあり、繊細な表現。

そうやって表現するんだ!

と参考になるものも多く。

本を重ねた上に檸檬を置く=「檸檬」の意味もよく分かりました。

ただ、作品のストーリーや趣は、私の好みではありませんでした(^^;;

そのため、読むのに身が入らず……。

気になった方は読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です