【人間に向いてない】あなたは芋虫になった子供を愛せますか?

こんにちは、松波慶次です。

今回はメフィスト賞受賞作「人間に向いてない」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:人間に向いてない
著者:黒澤いづみ

あらすじ

異形性変異症候群は、ニート、引きこもりなどいわゆる「社会不適合者」の若者を突如として襲う奇病。その奇病に罹り、ある日美晴の息子である優一は、芋虫となった。

高校中退、22歳で引きこもりだった息子。その息子と上手く向き合えないまま過ごしていた日々。

そして、芋虫となりコミュニケーションがとれない状態に。

美晴は息子とどう向き合っていくのかーー。

感想

カフカの「変身」を彷彿とさせる物語。しかし、内容は大きく違う。

異形性変異症候群に罹った人は「変異者」と呼ばれるのですが、みんななかなかグロテスク。

優一は人間の指が生えた芋虫。

他には、肉塊の中に人間の目と口があったり、人面犬だったり。

想像するとゾッとするものばかりです。

親子の関係。

向き合い方。

愛情。

それらを変異者になった息子と母親で描く、「親子とは?」を考えさせられる物語。

自分の息子が芋虫になったら?

娘が人面犬になったら?

そのとき、どうする?

芋虫となった優一が固まってしまったときは、「サナギかな? このあと羽化して優一が出てくるのかな?」と思ったのですが、それは当たりでした。

サナギなのかは分かりませんでしたが、結果として優一は人間の姿になって芋虫の中から出てきました。

愛情を注ぎ直した母親とのハッピーエンド。

言ってしまうと、そこが少し物足りなかった。いい話で終わってしまったので、ここまでグロテスクな話だから、後味の悪さが欲しかったなぁ、と思ってしまいました。

ストーリーは、面白かったんですけどね。単に、私の好みの問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です