【坊っちゃん】江戸っ子魂を見よ!竹を割った性格の主人公の正義

こんにちは、松波慶次です!

今回は、夏目漱石の「坊っちゃん」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:坊っちゃん
著者:夏目漱石

あらすじ

坊っちゃんは、無鉄砲で、真っすぐで、悪いことは悪いと言える男だった。

そんな彼は、ある日中学校の数学の先生になる。
生徒の嫌がらせ、先輩教師の嫌味にも屈することなく、正しいことを行なっていく坊っちゃん。

彼は自分の信じるものを貫き通すことができるのか?

感想

「坊っちゃん」という作品があることは知っていましたが、こういうお話だとは知りませんでした。

読んだことないな、と思い、あらすじも読まず購入。

いざ読むときにも、あらすじを読むことなく初っ端本文に入りました。

結論、面白かった。
夏目漱石の作品は「こころ」を読んだことがありましたが、それとは打って変わった、ユーモアのある作品でした。

登場するのは、真っすぐな性格を持つ主人公と、主人公に嫌がらせをする生徒たち、同僚の先輩教師たち。
悪いことは悪い。いいことはいいとはっきり言えない学校で、その考えに反発していく主人公。

一番の悪は、「赤シャツ」とあだ名をつけられた教頭。そいつにくっつく、腰ぎんちゃくの「野だ」。
やられっぱなしにはならず、主人公と同じ真っすぐな性格をした同僚教師とともに2人に天誅を下します。

面倒ごとは嫌い。何でもなぁなぁに済まそうとする、日本人を上手に描いた作品。
名作と謳われるだけあります。

夏目漱石の経歴も作品の最後に載っているので、夏目漱石を良く知るためにも、そちらもぜひご覧ください。(作品だけでなく、そちらも楽しく読めました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です