【掏摸】スリをして生きる男の人生とその結末とは?

こんにちは、松波慶次です!

今回ご紹介するのは「掏摸」です。
最初、「スリ」って読めなかったです……。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:掏摸
著者:中村文則

あらすじ

スリで生きてきた男は、ある日、店内でスリをしている母親とその子供を発見する。男が、そのスリが万引きGメンにバレていることを伝えると、母親と身体の関係を持つようになり、子供は主人公になつくようになる。

そんなある日、ヤクザの男からスリの腕を見込まれある依頼を受ける。断るか、失敗すると親子を殺すと脅され、その依頼を遂行していくーー。

感想

中村文則さんは、初読み作家さんです。

冒頭でも書きましたが「掏摸」が読めず、最初は「バク?」とか思っていました。ちなみに、バクは「獏」と書きます。

スリをしているシーンは、読んでいるこっちまでハラハラドキドキ、臨場感がありました。また、スリのやり方にも詳しくなれる(笑)

上手いスリは、親指を使わず人差し指と中指、もしくは中指と薬指を使ってやるそうです。

でも、スリはやっちゃダメですよ!(笑)

今作は、最後に驚かされました。

え⁉ そこで終わるの⁉

と、ラストのページをめくったあとに驚いてもう一回戻りましたね。
やはり、そこでラストでした。

スラスラと読みやすい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です