【D坂の殺人事件】日常の中に潜む人間の狂気!

こんにちは、松波慶次です!

今回は、江戸川乱歩の短編集「D坂の殺人事件」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:D坂の殺人事件
著者:江戸川乱歩

あらすじ

日本の推理作家・江戸川乱歩が紡ぐ、表題作含む10作の短編集。

サスペンス、ミステリー。そして、人間の狂気を描く世界に、読む者は引き込まれるーー。

感想

江戸川乱歩は「芋虫」を読んで以来、2冊目です。

てっきり「D坂の殺人事件」1作かと思っていましたが、目次を開いて短編集であることに気が付きました。

短編集でも長編でも、江戸川乱歩を、この本を読みたい欲に変わりはないため早速読み進めると……相変わらず人間の狂気を描くのが上手。

淡々と、サクサクと、日常の中に狂気を潜ませているので、それがまた絶妙に恐怖を煽ります。

私が一番好きだな、と思ったのは、「お勢登場」というお話です。病弱な旦那が、子どもたちとかくれんぼをして遊んでいた。そして誤って、箱の中に閉じ込められてしまった。

不倫をしている妻が家に帰ってくると、旦那が箱に閉じ込められているのに気が付く。助けるために、一瞬箱のふたを開けたが、すぐに閉めて見なかったことにした。

結局、旦那は「かくれんぼをしていて不運にも箱の中で窒息死した」という見解で息絶え、妻は「悲劇の女房」として泣き悲しむふりをする。

いやー、印象的な話でした。妻の「助ける」→「やっぱやめる」の切り替えが早くて、恐ろしい(笑)

今作には「芋虫」に収録されていた「赤い部屋」「白昼夢」もありました。

被っていた収録作がその2つだけでよかったです。半分以上、読んだことある作品だと(´・ω・`)ショボン となってしまいますからね。

あ、「D坂の殺人事件」では明智小五郎も登場しましたよ!

「芋虫」についての記事は下記からご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です