【最後のトリック】犯人は読者?不可能ミステリーを可能にした方法とは?

こんにちは、松波慶次です。

「読者が犯人」というあらすじが気になり手に取った一冊、「最後のトリック」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!

タイトル:最後のトリック
著者:深水黎一郎

あらすじ

香坂誠一なる者から、物書きである私のもとに手紙が届いた。
その手紙は、よほどのミステリー好きが書いたのか、精通したようなことを述べた後、いままでにない「読者が犯人」というミステリーの案を2億円で譲るというのである。

果たして悪戯か、それとも本当に2億円で譲るつもりなのか?

読み終わったとき、「犯人は私だ」とあなたは思うーー。

感想

どのように、「犯人は私だ」と思わせるのだろうと、わくわくしながら読み進めました。

終盤、「犯人は私だ」と思わせる種明かしが始まるのですが、そのときは正直、

いやいやそれはいくらなんでも……無理があるでしょ~(笑)

と、これで「犯人は私だ」と思わせるのか、そうかそうか。

というように、軽く笑っていられました。

しかし、終盤のもっと終盤。

畳み掛けるような香坂の死に対する追究に、

あ……これは……

私は、人ひとりの命を奪ってしまったのだ……

そう気持ちが切り替わるまでになっていました。

登場人物がストーリーに対して多すぎる感じもしましたが、それでも、「読者を犯人」にする方法、小説の読ませ方は面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です