【悪いものが、来ませんように】2人の仲睦まじい女が抱える憎悪

こんにちは、松波慶次です。

今回ご紹介するのは「悪いものが、来ませんように」。
Twitterの読書垢さんが読了ツイートをよくしているので、気になっていました。

以下ネタバレ注意です‼

タイトル:悪いものが、来ませんように
著者:芦沢央

あらすじ

柏木奈津子と庵原紗栄は、仲が良かった。

それぞれ、母親、旦那、姉に対する不安定な気持ちを抱いていたけれど、なんとか上手くやっていた。
しかし、紗栄の旦那が殺され、事態は変化していく。

感想

ふむ。
「読み返すサスペンス」ということでしたが、途中で気付いてしまいました、隠されたトリックに。

ところどころ、違和感がありまくりました。

仲が良すぎる奈津子と紗栄。
紗栄の旦那が死ぬときの描写、会話が極端に少なく、首を傾げるほど早送りにされていた。
除草剤の容器は、いつ空にしたのか?

その違和感は、私にある思いを抱かせ、それは見事的中。

ネタ晴らしのところで、「やっぱりなぁ」という気持ちになりました。

なんといいますか、色々と疑問を抱きました。

2人もすでに育てているのに、梨里がおもらししたことでひどく苛立つ奈津子。
ファミレスの場面で、自分の子を横に座らせない鞠絵。

ちょっと無理やり「読み返すサスペンス」にした感が否めませんが、作品は楽しく読めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です