【魍魎の匣】バラバラ殺人!新興宗教!誘拐事件!すべては魍魎のせい?

こんにちは、松波慶次です。

今回は、前回ご紹介しました「姑獲鳥の夏」の京極堂シリーズ第2弾!

「姑獲鳥の夏」の記事はこちら↓

「魍魎の匣」をご紹介します。
相変わらず分厚い本なんだよな(笑)

以下ネタバレ注意です!

タイトル:魍魎の匣
著者:京極夏彦

あらすじ

小説家である関口は、同じく小説家である久保竣公という男と出会う。
指が欠損しているらしい久保は、手袋をはめたクセのある性格の人物だった。

2人の少女、新興宗教、連続バラバラ殺人事件……。
決して交わらなさそうなそれぞれの出来事が、道を違えたかのように絡み合っていく……。

表向きは古本屋、実は陰陽師の中禅寺が、「魍魎」とは何かを説くーー。

感想

今作はですね、木場の物語といってもいいでしょう。

木場は中禅寺たちの友達であり、刑事でもあります。
そんな彼が、電車の人身事故の場面に出くわしたことから、物語はスタート。

憧れの女優、美波絹子との出会い。
巨大な箱との出会い。
患者が突然消えるという不可思議な出来事との出会い。

物語の中の出来事が複雑に絡まり合っているので、どう書いたものか迷ってしまいますね(笑)

ただ、今作も前作「姑獲鳥の夏」と同様、切ない終わりと言いますか、私としては

木場と美波がくっつけばいいなぁ

と思っていたので、残念な結果でした。
(ある意味、これで二人の距離が近付いて結婚する流れになるかも……という希望的観測は捨てていないので、その点でも、次作を勝手に楽しみにしております)

魍魎のこともよく分かりましたね。
いわば、人間の心の闇、といいましょうか?

いや、というのでしょうか?

弱み、嘘、自己嫌悪、劣等感、憎しみ等々……。
そういう負の気持ちが心に空洞を生み、倫理に反するような行動をとらせる。

それぞれの登場人物の気持ちを考えると、やはりやりきれないような気持ちになります。

そうそう、今作から新たに登場した「鳥口」という人物が、個人的にとても気に入りました。
雑誌の編集者なのですが、お調子者だけど頭がいい、「うへぇ」が口癖の、なんとも愛らしい性格です。

彼の活躍も見逃せないのが今作。
次作にも登場してくれると嬉しいのですが。

あとは、探偵・榎木津も、今作ではよく登場しました。
元々キャラが濃かったのですが、さらにパワーアップした感じ(登場シーンが多かったから、そう思ったのかもしれませんが)。

相変わらずの勝手気ままな言動が、面白い。
一緒にいると疲れるだろうな、とは思うのですが、それ以上に一緒にいて楽しそうです。

語り部といいますか、中禅寺と並んでの主人公、関口君は(京極堂がそう言っているのでつい(笑))、好きっちゃ好きだけど好きじゃないっちゃ好きじゃないような、個人的には相変わらずそのような気持ちを抱く、立ち位置の人物でした。

いや、重要なポジションですけどね。
彼は、中禅寺の煮え切らない言葉を先に促す、解明していくという。

しかし、やはり私にとっては宙ぶらりん。

私の、中禅寺や榎木津に対する好きのボーダーラインと比較すると、下になりますね。

いい人なんだけどな、関口君(笑)

何はともあれ、次作も楽しみです。
鳥口君、また出てほしいな~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です