【虐殺器官】それはあなたの意思ですか?人間の恐ろしさをSFで描く!

こんにちは、松波慶次です。

読書好きさんにとても人気な「虐殺器官」を読みました。
今回は、この内容についてお話します。

てっきりグロ多めのエンタメ系かと思っていましたが……

以下ネタバレ注意です!

タイトル:虐殺器官
著者:伊藤計劃

あらすじ

舞台は、9.11事件後の地球。

米軍の暗殺部隊に所属するクラヴィス・シェパードは、戦場で犠牲となった多くの死体を目の当たりにしてきたし、そして、自らも相手を殺すことで死体の山をつくってきた。

父の自死、事故に遭い植物状態となった母の死を選択した過去を背負い、黙々と任務を遂行する。

そんなクラヴィスに新たな指令が下された。
それは、各地で虐殺を先導しているジョン・ポールという男を捕まえること。

ジョンを捕まえるため、ジョンの元恋人、ルツィアに近付く……。

その行動は自らに宿る潜在的な意思か?
はたまた仕方なく行なっているのか?

近未来に起こりそうな狂気の出来事を描くSF作!

感想

読了後、私の胸を占めた思いは、

これはいつか起こりそうな出来事だな

でした。

各地での戦争、虐殺。
それは、過去、現在でも行われています。

戦争、という言い方がよくないかもしれませんね。

内乱、紛争、奴隷制度、人身売買……
世界大戦のような大きな戦争は起こっていませんが、現地の人々にとっては十分「戦争」と呼べる出来事は各地で起こっています。

それらが、近い未来、その範囲を広げそうだと思えてしまいました。

今作で登場するジョン・ポールという人物ですが、彼が各地での戦争、虐殺を誘導しています。
どのようにして誘導しているか?

それは、言葉の力です。
人間が本来持っている、暴力的な部分、虐殺器官を刺激することにより、戦争や虐殺を仕掛ける。

彼は、愛するものを守るために貧困層の間に内乱を起こさせ、外の世界に危害を向けないようにしている……。

そのような旨のことを言っていました。

なんとも言えない気持ちになりました。
それはジョンのエゴであり、じゃあ内乱がある国に住む人たちはどうなるのだと。
平和のための生贄じゃないかと。

しかし、その考えが人間の身勝手さを如実に現わしていて、ジョンは悪いやつだけど、根っからの悪ではないことも分かります。

赤の他人より、近しい人を守りたいと思うのは、人間の本能のように思えます。

戦争、虐殺、内乱、紛争……
それらの根底には、人間のエゴ、弱さ、見栄、正義がある。

人間が生きている限り、戦争はなくならないと思います。
だって、それが「人間」という種族ですから。

暗い話になりましたが、その他に今作で面白かったのは、言語の話です。
クラヴィスが暗殺を行なうのは、仕事だからか? それとも殺したい気持ちがあるからか?

人間は命令されて、仕方ない、と思いながら行動するも、必ずしも願望がないわけではない。
実は根底に、「騙したい」、「殺したい」、「気持ちよくなりたい」という勝手な願望がある。

言語と人間の深層心理について、クラヴィスやルツィア、ジョンが話しているのですが、それがとても興味深かったです。

今作は、「人間」について深く描かれている、「人間」を風刺する作品だと感じました。

本編を読んだあとに、解説があったのでそれも読みました。

私は、本編のあとのあとがきや解説にも目を通します。
今作の終わりには解説(翻訳家:大森望)があり、それを読んで衝撃を受けました。

作者である伊藤計劃(いとう・けいかく)氏が、ご病気により34歳の若さでご逝去されていたことです。

ガンの闘病生活のこと、入院しながらも作品を書くのが好きで、多いと1日に80ページもの枚数を書いたこと、仕事のインタビューなどに病室から答えたこと……。

作者の深い作品に触れたあとに、解説でそのような事実を知ったので、読んでいて胸が苦しくなり、泣きそうになりました。

そして、伊藤氏の作品や執筆に対する情熱にも触れ、尊敬の念を抱きました。

辛い状況だったのに、素敵な作品をこの世に残してくださったこと、心より感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。

追伸

今作を読み、改めて「言葉の力はすごい」と感じました。

「言葉」は人を動かし、心を変えることができます。

作中のジョンは、言葉で「悲劇」を生み出していたので褒められたものではありませんが、私は物書きとして、私の「言葉」に触れる方々に、「快」の感情を抱いていただきたいと改めて感じました。

私の言葉、作品に触れた方々が、「読んで良かった」「出会えて良かった」と思っていただけるように……。

今後とも、1人の物書きとして精進してまいりますので、応援よろしくお願いします。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です