【わたしを離さないで】なんともいえない読後感【読書記録】

こんにちは、松波慶次です。

こちらは、2019年9月15日の読書記録です。

カズオ・イシグロさんの「わたしを離さないで」を読みました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像1

<あらすじ>
キャシーは、保護官と呼ばれる先生たちとともに、ヘールシャムという施設で幼少期から青年期まで過ごす。

ヘールシャムで「提供者」として育てられてきたキャシーやその友達たちは、自分たちの存在や生きる意味を疑わず、楽しく過ごしてきた。

しかし、キャシーが大人になり、「提供者」の「介護人」になったとき、自分たちが生きる本当の意味を知る。

<感想>
ずっと読みたいと思っていた小説でしたが、やっと読みました。
想像していた通り、悲しいお話

だけど、思っていたよりも明るい描写があり、そこは救われました。主人公である女の子、キャシーが友達ルースやトミーと繰り広げる会話や行動は一般的な人間です。

なんの疑いも持たずにヘールシャムで過ごし、大人になってから残酷な現実を突きつけられる。

心を持たない人間などいない。キャシーたちの立場になって考えると、ひどく苦しい。

あまり書くとネタバレになりそうなので、キャシーとルースの関係について書きます。

正直、ルースのキャラは好きません(笑)
実際に友達としていたら、嫌なやつだなーと思ってしまいます。

そんなルースとキャシーは仲良くできていたので、「すごいな」と思ってしまいました。

海外の小説や映画を観ていると、「え、そこでキレるの!?」という場面をよく見かけます。
ルースの性格は、まさにそんな感じです。

怒りやすく、自己中心的。それが、ルースというキャラを際立たせていますが……一緒にいたら取り扱いが大変だ。
キャシーはさすが、長くルースと一緒にいるだけあって、取り扱いが上手でした。

微笑ましい話の中に、辛くて胸が締め付けられる真実が隠されている。
マダムの「かわいそうな子たち」という言葉に、泣きそうになりました。

読んで良かったです。
こういうことが、現実では起きていないことを、願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です