【流浪の月】被害者と加害者の奇妙な関係!誰も介入してはならない深い愛

こんにちは、松波慶次です。
いま話題の本屋大賞受賞作、「流浪の月」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:流浪の月
著者:凪良ゆう

あらすじ

9歳の家内更紗は、両親を失い、伯母の家に預けられることになった。
しかし、そこに自分の居場所はない。

公園で孤独を感じていると、一人の男が更紗に近付く。
そこから、2人の奇妙な同居生活が始まる。「誘拐事件」として事件が暴かれるまでの2か月は、
2人にとって幸せだったーー。

事件から15年。
被害者である更紗と加害者である佐伯文に向けられる、変わらぬ侮蔑、好奇、同情の視線。
自由ってなに? 優しさってなに?

読んだものの心に波紋を広げる、問題作。

感想

本屋大賞受賞作。
期待値は高く、それでいて、バイオレンスさもエグさもなさそうなタイトルに、
果たして私は楽しめるのだろうかという疑惑もありました。

結論から申し上げますと、非常に良い
目を見張るような展開があったわけではありませんが、
流れるような文章、ポンポンと小気味いい展開に、ページを捲る手が止まりませんでした。

この記事のタイトルに「愛」と入れましたが、
それは「恋愛」の「愛」ではありません。

慈しみ、親しみ、大切にしたいという思い……
それらすべてを愛だと認識しております。

その「愛」が、更紗と文の間にあるからです。

読んでいて、胸がムカムカする場面も多々ありました。

小児性愛という嗜好、更紗が警察にも恋人である亮にも、はっきりとモノを言わないこと。
亮のクズな態度、周りの偏見と勘違いした優しさ。

そう考えると、最初から最後までムカムカしていたかもしれません(笑)

なんでそこではっきり言わないんだよ!

と叫びたい場面や、呆れる場面がありすぎて、
ある意味、読むのに疲れる作品でした。

それだけ私の心をかき乱し、揺さぶり、
独占するほど、素晴らしいストーリー。

読んで良かったですし、
本屋大賞を受賞するのも納得です。

周りの優しさが、その人を傷付けることもある。
事実と真実は違うかもしれない。
他人には理解できない絆に、他人が介入するべきではない。

「孤独」な人

「自由」になりたい人

「周り」を気にしすぎる人

ぜひ読んでみてください。

……余談ですが、私は小説を書くときに
「口語」と「文語」を気にします。

今回、「流浪の月」を読んで、

けれど~

なのに~

が使われているのを読み、

だが~

しかし~

じゃなくてもいいんだ。

と、困惑とともに衝撃を覚えました。

舞城王太郎さんの「煙か土か食い物」を読んだときも

感嘆符のあと全角ヒトマス空けてない!!

と衝撃を受けましたが、
(小説のルールでは、感嘆符のあとは全角ヒトマス空けなくてはなりません)

今作を読んで、

なんだ、小説って結構自由に書いていいんじゃん

と思ってしまいました。
(思っていいのかは分かりませんが(^^;))

より、執筆しやすくなった。
そういう心情的にも、読んで良かったと思います。

「煙か土か食い物」の読書記録記事はこちらです↓

【煙か土か食い物】ヘイヘイヘイ!暴力とサスペンスと家族愛だぜ!?【読書記録】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です