【火のないところに煙は】数々の怪談話!ホラー好きにおすすめの一作

こんにちは、松波慶次です。

私は怖い話が好きで、ホラー映画やホラー小説を
よく読むのですが、今作は鳥肌がすごかったです。

今回は「火のないところに煙は」をご紹介します。

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:火のないところに煙は
著者:
芦沢央

あらすじ

私のもとに、「怪談を書く」仕事が舞い込んできた。

怪しげな占い師、呪いを信じる女、おかしな隣人、引き継がれる恐怖、アパートの怪異。
そして、辿り着いた真相とはーー。

感想

私は怖い話が大好物です。
それは小説に限らず、テレビ番組でも、映画でも。

昔はよくテレビでやっていた「心霊番組」が、最近では観られなくなった
ことにひどく落胆するくらい、怖い話が好きです。

「アンビリバボー」で心霊写真を紹介したり、
「本当にあった怖い話」も毎週放送したりしていたのになぁ。
非常に残念です……。

ですので、今作のようなホラー小説を読み、
怖い思いをしながら「楽しい」という気持ちを充足しています。

ただし、リアル幽霊には絶対遭遇したくない
都合のいい怖がりなので、読んでいる最中は
背中に誰かいないか? と気になっていました(笑)

怖い話を読んでいるときって、背中が気になりませんか?

実は誰か立ってるんじゃないかって、怖くなります。
その恐怖を少しでも緩和させるために、
背中をソファや壁に押し付けたり、明るいうちに本を読んだり
するようにしていますが(笑)

今作は、ただの怖い話の短編集ではなく、
ストーリーの大きな軸がしっかりと構築された上で
綴られた「真相」のあるホラー小説です。

一つ、また一つと怖い話を読み、
うひゃ~と恐怖に煽られまくったそのラストで

もうやめてくれ~~!!

と縮み上がる圧倒的な恐怖が迫ってきます。

すべてを通して、私が一番鳥肌が立ったのが
第一章「染み」の中の、判明した言葉。

次いで、ラストの真相でした。

面白かったです。
これから暑くなってきますし、
身体の底から涼しくなるために、他のホラー小説も
読みたいと思いました。

どうでもいい余談ですが、
私は「芦沢央」さんのことを「芹沢央」と
読んでしまいます。

「あしざわ」と「せりざわ」の大きな違いなのですが、
つい「芹沢」と読み書きしてしまいます。

……いい加減、「芦沢央」さんのお名前に慣れたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です