【四人組がいた。】愉快な四人の老人たちが作り上げる可笑しなストーリー

こんにちは、松波慶次です。

元気な老人たちが活躍する物語。
今回ご紹介するのは「四人組がいた。」です。

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:四人組がいた。
著者:
髙村薫

あらすじ

ある山奥の村に、4人のじいさん、ばあさんがいた。
元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。

彼らは、村に訪れる人たちに、可笑しな話を聞かせていくのだった。

感想

読んでいる最中から、
あまり楽しさが分かりませんでした。

4人のおじいさんとおばあさんが楽しい話をする
作品だという前情報はあり、

怪談百物語のユニーク版かな?

と勝手な妄想をして楽しみにしていたのですが、
読み始めてすぐ

あ、これ思ってたのと違う

とページを捲る手が緩慢になりました。
いや、反対に速読になりましたね。

とっとと読み終わって次の本を読もう!

そう思ったため(^^;

4人がする話は、どれも不思議な、
本当か嘘か分からないようなものだらけ。

4人が仲良く、口を合わせて話すものだから、
読者も、作中で4人の話を聞く者も信じそうになります。

聞く者の反応も、それを楽しむようになお話し続ける
4人の様子も、面白かったです。

ただ、私は読みづらかった(^^;
というか、のめり込めなかった……

気になる方は、読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です