【怪談のテープ起こし】暑い夜にぜひ読みたい!恐怖の物語

こんにちは、松波慶次です。

ホラー好きな人にはぜひおすすめしたい!
今回ご紹介するのは「怪談のテープ起こし」です。

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:怪談のテープ起こし
著者:
三津田信三

あらすじ

テープ起こしとは、テープに録音されている言葉を文字に書き起こすことである。
自殺する人が死ぬ間際の自分の状況をテープに録音している。それを聞き取り、テープ起こしをすることに。

聞こえてくる自殺する人の声。そんな恐怖のテープ起こしを提案したライターが、失踪した。
そのテープを聞く人は魅了されたかのようにおかしくなる。

他、一本の大きなストーリーに沿うように何本かの「恐ろしい話」が……。

感想

私は怖い話が大好きです。

テレビ番組の「本当にあった怖い話」は欠かさず観ていますし、「リング」「呪怨」「着信アリ」など、ジャパニーズホラーから「パラノーマル・アクティビティ」「シャイニング」「キャリー」などの洋画ホラーも観ました。

基本、お化け系のホラーやサイコホラー、サスペンス系が大好物なのです(笑)

そんな私は、今回「怪談のテープ起こし」をワクワクしながら読みました。

どんな怖い話が私を待っているんだろう! と。

でもね、やっぱり、いくらホラーが好きだからって、怖いものは怖いのです。
自殺者のテープを聞いているところから、もう、ゾクゾクしちゃって……

一人でいるときには読みたくない作品ですね(^^;

私、ホラーは好きですが、
もちろんリアルホラー(幽霊見ちゃうとか!)はイヤなので!

遭遇したくはありませんし、
怖い体験もしたくありません(´;ω;`)

怖い話をしているときや、読んでいるときに、
そういうモノが寄ってくるって言うじゃないですか。

だから、なるべく明るいときで、
人が近くにいるときにこういうホラーものは読むようにしています。

今作の中ですと「黄雨女」が印象に残っていますね。
黄色いレインコートで全身を包んだ女が、
いつも同じところに立っている。

もうね、女がいつも同じところに立っているだけで
恐ろしすぎますよ。

あとは、「集まった四人」

山登りをする話ですが、
登場人物の変貌していく様子が狂気染みていて怖い!!

怖い話を短編で読む感覚ですが、
ストーリーは一貫しています。

それがまた面白く、
怖さと面白さの両方を得られるお得な小説です。

ホラー好きにおすすめの1冊。
私は怖がりだからやりませんでしたが、
ぜひ、夜中に一人で読んでいただきたいですね(^^)←

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です