【千年の愉楽】オリュウノオバを取り囲む人々の生と死

こんにちは、松波慶次です。

今回ご紹介するのは「千年の愉楽」

オリュウノオバという名前のインパクトが強かった……

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:千年の愉楽
著者:
中上健次

あらすじ

オリュウノオバの周りで生きる人々。

中本の血を引く男たちの人生。
その男たちと過ごす女たち。

不思議な出来事も起こりつつ、男たちの生死を描く。

感想

な、なかなか難しい作品でした!

若干読みづらさがありましたが、
ストーリー自体は男たちの愛憎、日常、死までを含む人生が
描かれており、その中に不思議な出来事もありつつ、
「読むこと」はできました。

何を伝えたかったか、どういう話なのかと聞かれますと、
難しい……

作品の最後に「世界観」「『路地』と他界」という章があるのですが、
それを読んでやっと「理解できた」気になりました。

高尚なことを伝えたいのだと思いますし、
それが分かればこの作品をより深く楽しめると思いますが、

もう読むのに疲れてしまって……(^^;

最後の2章を読み、
最初から再読はしませんでした(^^;

しかし、いつか改めて、最後の2章から読み直し、
最初から再読しようと思います。

こんな「理解できた」気になっている私の
しょうもない余談ですが……

読み始めてすぐ、「オリュウノオバ」という名前の
インパクトに負けました。

これ、固有名詞です。
おばあさんの。

パッと見たときすんなり読めなくて

「お、おりゅう? おば?」

と困惑(笑)

一度頭にインプットできれば、
あとはすんなり読めましたが、
そのインパクトの強さは健在です。

だって、他の登場人物は「半蔵」とか「三好」の
ように「一般的」な名前なんです。

その中で「オリュウノオバ」という名前は、
強いでしょう?

この本を読むときには、最後の章まで読むことを
おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です