【思い出トランプ】日常に潜む人の心の闇を描く!13作収録の短編集

こんにちは、松波慶次です。

今回ご紹介するのは「思い出トランプ」

日常の人々を描いているけど、どこか暗い影を落とす……

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:思い出トランプ
著者:
向田邦子

あらすじ

いい妻なのに、どこかうすら寒いような怖さがある。ーー「かわうそ」

誤って我が子の指を切り落としてしまった。――「大根の月」

13編の作品が収録された短編集。
どれもが日常であり、不穏な影を落としている。

感想

ただの日常を描かない。
ただの日常でもありそうで、逸脱しているような短編集。

一話一話、読み終わると心の中にしこりが残るような、
すっきりとしない読後感。

イヤミスというわけではありません。
ミステリーではない。
ただ、人の心のミステリーと言いましょうか。

人は誰しも心の中に闇を持っています。
その闇が心を埋め尽くすとき、表に出るとき、
人は一体どうなってしまうのでしょうか?

ありふれた毎日の中に影を落とす。

人の心情の揺れ具合。
移り変わり。
あなたと私。

この作品は、読む者の心を見透かすような、
映し鏡の役割を担っているのだと思います。

読んでいて、心を指される思いをする人もいるでしょう。

「この気持ち……」と思い当たる節がある人もいるでしょう。

何気ない生活の中の、ほんの小さな出来事。
その中にさまざまな感情が芽生え沸き立つことを、実感します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です