【罪の余白】そんなのは友達ごっこだよ【読書記録】

こんにちは、松波慶次です。

こちらは、2019年8月27日の読書記録です。
芦沢央さんの「罪の余白」を読みました。

<あらすじ>
安藤聡の娘が「自殺」した。
妻が早くに死に、男手一つで大切に育ててきた安藤は、娘に「自殺」をさせてしまったことに後悔が募る。

しかし、娘が残した日記を読み、娘の「自殺」がただの自殺ではなかったことを知る。

娘を失った男の悲愴と暴走、娘の美しい友達の悪意と脅威。

お互いの思いがぶつかり合ったとき、安藤は真実を知るーー。

<感想>
人間は、1人でいることを恐れる人が多いです。
誰かといないと、寂しい奴だと思われる。
1人でいると、ぼっちだと思われる。

そんな強迫観念が働き、無理やり誰かといようとする。
大勢の人間が1つの箱の中で生活する学校なら、余計に「1人でいること」を恐れます。

ただの寄せ集め、ただの自己防衛で一緒にいるのは、友達なのでしょうか?
否、それはただの友達ごっこです。

この物語は、友達ごっこがもたらした悲劇。

もし、いま。
誰かと友達でいるはずなのに、誰かと一緒に行動しているはずなのに、

楽しくない

辛い

苦しい

と思うのであれば、辛い時間を過ごして自分の心を削るより、1人を選びましょう。

そして、新しい、本当の友達を見つければいい。

無理をしない。1人を恐れない。

友達ごっこなんて、やめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です