【箱男】箱に入って何をする?不思議な箱の中の生活

こんにちは、松波慶次です。

今回ご紹介するのは「箱男」
本好きな方は結構お好きな方多いみたいで……

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:箱男
著者:安部公房

あらすじ

段ボール箱を被り、その箱の中でのみ生活する「箱男」。
「箱男」を見た男は、徐々に箱男に魅了されていく。

感想

ん~すみません。

この作品、読書仲間さんに人気が高かったのと、知り合いにおすすめされたので
読んでみましたが、私には合わなかったみたいです。

最初のページを開いてから、

読みづらい

と思い、頑張って読み進めてみましたが

読みづらいし話もあんま入ってこないな~

と、ちゃんと読むのを諦めました(^^;
あとは流し読みして、なんとか読了。

話の中で、視点が変わると言いましょうか、
例えば

挿入文

ぼくの場合

供述書

など、廊下を歩いていたら急に階段が出てきて
上らざるを得なくなったような感覚に陥り、
それが読みづらさに拍車をかけていました。

しかも、写真と文章が掲載されたビニール紙?も
ところどころ登場し、急に世界を変えられたような
気分になり

なんだよ~と……

「もう別の本を読みたい」と思いました(^^;

「箱男」は私には合いませんでしたが、
人気の高い作品なので一度読んでみるといいかもしれません!(←お前が言うか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です