【粘膜蜥蜴】身勝手×横暴×慈愛=罪!エグさとギャグの良バランス作

こんにちは、松波慶次です。
前に「粘膜人間」を読みましたが、その「粘膜シリーズ」の次作です。

今回は「粘膜蜥蜴」
タイトルからして、ゾゾっとしますね。

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:粘膜蜥蜴
著者:飴村行

あらすじ

月ノ森病院の御曹司である月ノ森雪麻呂は、圧倒的な権力を持っている12歳だった。
爬虫人である下男の富蔵をいつも従え、同級生たちに「コウカ・コウラ」や「死体」など、一般市民には馴染みのないものを見せ、自慢していた。

同級生の1人である真樹夫の兄は、戦地ナムールで爬虫人の棲家に連れて行かれ、そこで不思議な体験をする。
その不思議な体験と雪麻呂の身勝手が結び付いたとき、とんでもない事実が発覚する……。

感想

いやー、面白かった!

前作もとても楽しめたので、今作もわくわくしながら読み始めましたが、十分楽しめました!

前作は河童などの妖怪が出てきましたが、今作は爬虫人と呼ばれる蜥蜴の頭を持つ人間が登場します。
雪麻呂の下男である富蔵は、雪麻呂に忠実で喋り方も江戸っ子といいますか、気前がいいので親近感が湧きます。

人間らしい富蔵と、権力をカサに横暴の限りを尽くす雪麻呂の掛け合いは、つい笑顔が浮かぶほど面白い

雪麻呂は、いやなやつです。
気に食わなければ殴る、しまいには殺す。
自分勝手で、思い通りにならないと権力で思い通りにしてしまう。

いやなやつですが、死にそうになった友達は助けるし、母親も大好き。
友達のためにジャイロ(いまでいう飛行機?)に搭乗する機会を設けることもして……

例えるなら「映画版ジャイアン」。
だけど注意書きで「※暴力度は100倍増」という感じ。

気持ちの切り替えも早く、

「友達を助けよう!」→「やっぱ無理、ごめん」

となるのが潔すぎて気持ちいい。

人間の真髄を12歳の小さな身体にギューッと凝縮したような人物です。
いやなやつ、だけど、嫌いになりきれない。

ちょっと好きなキャラです。
富蔵も、好きなキャラの1人に入りますね。

そう考えると、今作は好きなキャラが多いかもしれません。

阿片王として出てきた、これまた横暴で権力をカサにした男、
間宮も、結構好きなほうでした。

やっぱりこいつもいやなやつ。
ムカつくし、ぶん殴りたくなる。

だけど、時折見せた軍人の顔が、ちょっとかっこいい。
最期は、自業自得でしたが(笑)

……登場人物、クズが多いですね(笑)
クズが集まっているけど、善人とのやり取りや人間模様が
「人間らしく」描かれているので、ただムカつくだけの作品ではありません。

最後も、悪人成敗!という形で終わったので、読後はすっきり。
善人も、(数名死にましたが)殺されることなく終わったので、ホッとしました。

どんでん返し要素もあったので、グロさ、エグさだけでなく、衝撃という点でも
とても面白かったです。

「粘膜人間」が好きな方には、ぜひともおすすめしたい作品です。

※前作は「蕎麦」、今作は「コウカ・コウラ」……やってくれるなー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です