【カラフル】生きるのが辛い人に薦めたい!「人生」を教えてくれる作品

こんにちは、松波慶次です。

生きるとは?
人生とは?

そんな大切なことを教えてくれる。

今回ご紹介するのは「カラフル」です。

以下、ネタバレ注意です!!

タイトル:カラフル
著者:森絵都

あらすじ

死んだ僕の目の前に、プラプラと名乗る天使が現れた。
プラプラは、輪廻の輪に戻るためには「小林真」の身体に入り、
生前の罪を思い出さなければならないと言う。

そして僕は、中学3年生の「小林真」として
再度現世で生活することになった……

感想

ずーーーーっと前から読みたいと思っていた小説。
アニメで映画にもなり、ストーリーが面白そうだと昔から思っていた作品です。

それを、やっと読みました(笑)

読み始めて、冒頭から物語の世界に吸い込まれ、ぐいぐい読み進めてしまいました。

プラプラのキャラがいいですね。
子供っぽいところもあれば、ちょっぴり冷徹な顔もあり(本人曰くそれが素らしいですが)、
天使とは名ばかりの人間らしさが良かったです。

あまり好きではなかったのが、ひろかのキャラ。
一人称が「ひろか(自分の名前)」だったのがムカついてしまいました(^^;

すみませんね、現実でも、一人称が自分の名前の人、苦手なので(笑)

全体を通してハートフルな感じで、「生きるとは?」を
問いかけてくる作品でした。

中でも、私が 1番グッと来たシーンは、真が兄・満の部屋を訪れたときのやり取り。
満が実は、真のことを考えてくれていたことが分かり、兄弟愛にほろり。

次にグッと来たのは、プラプラの最後の言葉。

ホームステイだと思えばいい。数十年先にはこっちに戻ってくる。

そうですよね、人生はホームステイ。
たまたまいまの家族のもとに生まれ、人生を歩むことになった。

すべてをありのまま受け止めるには、この世の中は生きづらい。
だったら、「いまここにいるだけ」と思えばいい。

どうせ人はいつか死にます。

自分を苦しめて生きるよりも、
気持ちを軽くし、ほどほどの力で生きればいいのです。

自分の人生に「苦痛」を感じている方に、おすすめの作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です