【小僧の神様/城の崎にて】転生したら何になりたいですか?【読書記録】

こんにちは。松波慶次です。

こちらは、2019年8月23日の読書記録です。

なぜ急に転生したら、なんて話を出したかといいますと、
志賀直哉氏著書「小僧の神様・城の崎にて」を読んだからです。

この本は短編18作が収録されている作品で、その中の1つに「転生」の話がありました。

どういう話かといいますと……

ーーーーーーーーーー

口うるさい旦那と、気の利かない妻がいました。
そんな2人ですが仲は良く、転生したら2人とも何になろうかと話していました。

仲が良いから、生まれ変わったらオシドリになろうと約束し、そののち、旦那が先に死んでしまいます。

旦那は妻との約束通り、オシドリとなりました。
オシドリとなった旦那は妻が死に、転生するのを待ちます。

そののち、妻も死にますが、妻は忘れっぽい性格でした。

何に転生するのか、分からなくなってしまったのです。
あれだっけ、これだっけ?と悩みに悩んだ結果、妻が転生したものとは……?

ーーーーーーーーーー

ネタバレになってしまうので、ここまでにします。

妻が転生したもの。
転生したあと出会った旦那と妻に、訪れた悲劇。

いやぁ、面白いお話でした。

私も転生するなら、仲の良いオシドリは憧れちゃいますね。
もしくはアラブの石油王?

こんな話を友達としたとき、友達は「アラブの石油王の娘がいい」と言っていました。
アラブの石油王に甘やかされて育てられたいそうです。お小遣いとか、莫大だろうから、と。

うむ、一理ある。

何はともあれ、志賀直哉氏の小説は初めて読みましたが、日常を切り取ったような、流れるようなお話ですね。

次は長編、「暗夜行路」も読んでみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です