【そして誰かいなくなった】あの超有名作のオマージュ!船上で起きる殺人事件

こんにちは、松波慶次です。

あの超有名作のオマージュ、ということで、タイトルからお気づきの方もいるかもしれませんが……

今回ご紹介するのは「そして誰かいなくなった」

以下、ネタバレ注意です!!

タイトル:そして誰かいなくなった
著者:夏樹静子

あらすじ

主人公は、桶谷遥。ある会社の役員秘書をしている。

遥を含む5人が、豪華クルーザーへの招待を受け、乗船した。
遥の他は、エッセイスト、医者、弁護士、プロゴルファー。
あとは2名の船員。

5人を招待した船のオーナーは、あとから合流するというが……

アガサクリスティー作「そして誰もいなくなった」を模した不可解な出来事が多発。

船上では、殺人事件も発生し……

一体誰が犯人なのか?
犯人の目的は何なのか?

感想

もう、タイトルからして面白そうですよね。

あの!アガサクリスティー作「そして誰もいなくなった」のオマージュ作なんて!

読まずにはいられません!!

「そして誰もいなくなった」のあらましをざっと話しますと、

数人の男女がある島に招待される。
夕食になっても招待主が現れない。
レコーダーで、招待客の罪が読み上げられる。
一人一人、童謡に沿って殺されていく。

というものです。

ミステリー小説の代名詞ともいえる、超名作。

今回ご紹介した「そして誰かいなくなった」を読む前に、絶対読んでおいたほうがいい作品です。

そして、「そして誰も~」を読んだら続けて今作を読んでいただきたいと思います!

……こうやって書いていると、どっちが「誰も」でどっちが「誰か」か混乱してきますね(笑)

今作も、「そして誰も~」のように、一人一人殺害されていきます。

読みながら、誰が犯人だろう? と推測するのですが、不思議なことがありすぎて犯人を絞り切れない!
もう、全員怪しい! 主人公以外の人物を疑ってかかっちゃいました。

誰だよ、犯人! と思って読み進めていくと、あれ?

ラストを読んで、

そういうことだったのか!!

と合点がいきました。

ですが、そのラストもまた心残りといいますか、お互いにとって最悪な結果になりましたね。

読後感は、すっきりとせず尾を引きますが、もちろん物語としてそれで成功だと思います。
素晴らしいお話でした。

「そして誰も~」を読んだことがある人には、ぜひとも「そして誰か~」を読んでいただきたい!!
これ、何度でも言いますよ(笑)

余談ですが、「そして誰も~」のドラマを観たことがあります。
三夜ほどの連続海外ドラマでしたが、忠実に再現されていて面白かったです。

「そして誰も~」のラストも、衝撃でした。あれは、一生忘れられません
……話がズレたので、このへんで失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です