【出版禁止】フィクションかノンフィクションか?【読書記録】

こんにちは、松波慶次です。

2019年12月21日の読書記録です。
今回は、「出版禁止」という本を読みました。

画像1

タイトル「出版禁止」
著者:長江俊和

SNSで気になってた本で、ホラーかな?と思っていたら違いました。

以下、ネタバレ含むので注意してください!

<あらすじ>
ルポライターの若橋は、7年前に起きた「心中事件」の生き残りである新藤に取材を申し込んだ。
新藤は心中相手、有名ドキュメンタリー作家である熊切と不倫関係にあり、当時世間を賑わせたが7年間真相については口を開いていない。
2人は愛し合った末に心中という道を選んだのか、はたまた熊切を殺すための「偽装」心中だったのか。
新藤が真相を語る。そして、若橋の運命が変わった。

<感想>
呪いだ、なんだ、のホラー小説かと思っていたので、冒頭からミステリー臭プンプンで「あ、こういう話なんだ」とちょっと残念に思いました(笑)

しかし、読み進めていくと「ん?」「どういうことだ?」とまんまとミステリーの世界に誘われ、あっという間に読了。

主人公?である若橋と同様、私も新たな真実に翻弄され続けました。

で、途中から「新藤が悪女ってオチなんだろな~」なんて思い始め、その思いも覆されたときに「まさか」と驚愕。

それでいて、真相ははっきりしないまま終わったので、読後感は「もやもや」でした。

「もやもや」しても、「なんだかな~」というやりきれない感じではなく、「真相は闇の中」で完結した、ある意味すっきりしたような感じです。

あと、「これはフィクションなのか、ノンフィクションなのか」も分からないからゾクゾクします。

著者である長江さん本人も作中に登場しているので、ノンフィクション感があるのですが・・・ノンフィクションだったらその内容は凄惨すぎるww

そういう「謎」めいたところも、読んでいて楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です