【河出文庫フェア】素敵アイテム2つがもらえるフェアに応募してみた!

こんにちは、松波慶次です。
このたび、素敵な文庫フェアの開催を知ったので、応募するために本屋さんで本を買ってきました!

その文庫フェアとは……
「河出文庫フェア」です!!

河出文庫フェアとは?

河出文庫を、2冊買うとオリジナルブックカバーが、5冊買うとオリジナルトートバック必ずもらえるというフェアです。

しかも、このフェアのいいところが、どちらか一方ではなく5冊買えば両方貰えるし、何回でも応募できるところ!

私が買ってきた文庫本の帯はこんな感じ↓

この帯の表紙側裏に、応募券があります。
(すみません、応募済なので切り取ったものしかないです……)

応募方法は帯の裏表紙側に載っています。

詳しくは、河出文庫の公式サイトでご確認ください。

公式サイトはこちら↓

フェアを開催しているお店も決まっているので、そちらも公式サイトをご覧ください。

私は、どこでもやっていると思って、近くの本屋に行ったらやっていなくて落胆しました。
そして、改めて河出文庫フェアのことを検索してみると、開催しているお店が決まっていることを知り、急いで開催しているお店に飛んでいきました(笑)

買ってきたよ5冊!

やはりね、本を買って応募するだけで可愛いブックカバーとトートバックがもらえるのならば、応募しますよね。
本を買いますよね!!

と、いうわけで、収穫した本たちがこちら↓。

「掏摸」と「最後のトリック」はもともと気になっていましたし、「屍者の帝国」は「虐殺器官」で伊藤計劃さんの素晴らしさを知ったので

これは買わねば!

と思いました。

「ギケイキ」と「憤死」は、あらすじを読んで面白そうだったため。

私が行ったお店はフェアの規模がすでに縮小されていて、応募対象の本が20冊ほどしかなかったのです……。

小説以外も含めて20冊だったので、対象本が少なすぎて選ぶのが大変でした(;^ω^)

ひとまず、買うことはできましたし同日のうちにハガキに応募券を貼って応募できましたし、良かったです♪

フェアに応募したいよ~!

という方は、規模が縮小されてしまう前に急いで本屋さんに行ったほうがいいですよ!!
事前に店舗に「フェアを開催しているか?」を問い合わせてから行くほうが、確実かもしれません。

ブックカバーとトートバックが送られてきたら、またご紹介させていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です