【歴史】織田信長と豊臣秀吉~摩訶不思議戦国アドベンチャー①~

こんにちは、松波慶次です。

今回は、小説投稿サイト「エブリスタ」で短編で連載していたコメディ小説「摩訶不思議戦国アドベンチャー」をご紹介します。

私は大の歴史好き。中でも戦国時代が大々大好きでございまして、その思いが爆発し筆を執った次第でございます。

と、いいましても、内容はギャグ・コメディ
連載していましたがそれぞれ独立した話になっておりますので、①から、②から、⑩から読んでいただいても大丈夫です。
おふざけまっしぐら&自由に書いていますので、真面目な歴史小説でないことはご承知おきください。

(いつ書いてたんだろう? 投稿日が載っていなかった……。少なくとも1、2年前だな)

織田信長と豊臣秀吉

(暇だ)
岐阜城のある一室で、織田信長は暇を持て余していた。
(こういうときは、あいつを呼ぶしかない)

「猿はおるか?」
「お呼びでございましょうか!?」

そう、あいつとは、信長の配下であり、ぼろ雑巾のようにこき使える、豊臣秀吉である。どこに控えていたのか、颯爽と現れた秀吉は、信長の前に正座する。

「おい猿。何かやれ」
「えーっ! 無茶ぶり!」

無理やりな主君からの命令に度肝を抜かれた秀吉であったが、そこは世渡り上手の見せどころである。

「では、僭越ながらお目にかけます。この秀吉、鼠になれます」
「む?」

訝しむ信長の前で秀吉はすっくと立ち上がると、上唇を鼻に寄せ、なんとも可笑しな表情を作った。
しかし、上唇と鼻の間には、左右に三本ずつの皺が刻まれ、さながら、鼠の髭のようであった。

「お主、はげ鼠がよりはげ鼠に近付いただけではないか」
「はっ! わたくしめは猿にも鼠にもなれまする」

秀吉は自信満々な様子で、なおもその可笑しな表情を浮かべ続けている。
その顔を見ていささか呆れた信長は、はぁっと溜息を吐いたあと、何かを思い立ったかのようにその眼光を鋭くする。

「おい、猿。そのままの格好で服を脱げ。そして、歯を前に突き出せ」
「えぇ!? 信長様、何をおっしゃいます!?」

流石の秀吉も、信長の不可思議な命令に可笑しな顔をやめるに至った。
信長は不敵に笑うと、いい案だというように顎に手をやった。

「ハダカデバネズミになるなーと、思ってな」
「なんですのそれ!?」

秀吉のツッコミが、空に響き渡った。
ハダカデバネズミ。秀吉が知るはずがない。ってか、信長も知るはずがない。

今日も織田軍は平和である。

あとがき

ほのぼのとした織田軍を書きたかったんだろうな~。
いつも殺伐とした感じだし、ザ・ブラック企業だから。

といっても、この信長の無茶振りはパワハラですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です