【七つの黒い夢】流石乙一!作家7人によるダークな短編集

こんにちは、松波慶次です。

今回ご紹介するのは「七つの黒い夢」
7人の作家による短編集です。

以下ネタバレ注意です!!

タイトル:七つの黒い夢
著者:乙一・恩田陸・北村薫・誉田哲也・西澤保彦・桜坂洋・岩井志麻子

あらすじ

絵を描くと、それが現実に起こってしまう不思議な能力がある男の子。
カレーを描くとカレーの匂いが、ケーキを描くとケーキの匂いがするように、男の子の描く絵は不思議だった。

ある日、幼稚園に行けなくなってしまった友達の家に行き……
(作「この子の絵は未完成」)

他作品タイトル

赤い毬
百物語
天使のレシート
桟敷がたり
10月はSPAMで満ちている
哭く姉と嘲う弟

感想

私は乙一さんの作品が好きで、「夏と花火と私の死体」「GOTH」「ZOO」など、
何冊も読んでいます。

乙一ファンであるからか、今作の中で乙一さんの物語が一番印象に残っています。

描いた絵が現実に起こる、そんな不思議設定なのに、男の子の両親とも誰にも相談することなく、
激しく取り乱したりすることもない。

「普通の子」と違うことは認識しているけど、どこか認めているような、当たり前の日常と化した風景。

そのような設定が、乙一さんらしいなぁ~という気持ちになります。

ほっこりするお話でした。

他には、「百物語」が少し怖くて面白かったです。
真実は分からないけど、「そうなのだろう」と思わせる。

そんな、背中が少し寒くなるお話でした。

初読み作家さんもいたので、新たな「作家」の扉を開けることができ、
そういう意味でも、楽しく読むことができました。

短編集なので読みやすかったです。
一話ずつ読み進めるのも、楽しみを分割できていいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です