【ドグラ・マグラ】精神に異常をきたす!?真実を探る奇妙な話

こんにちは、松波慶次です。

今回ご紹介するのは、
きっと誰もがその名を聞いたことがある作品……
「ドグラ・マグラ」!!

表紙絵からして「やばそう」な感じがしますね……

以下ネタバレ注意です!!

ドグラ・マグラ上巻

ドグラ・マグラ下巻

タイトル:ドグラ・マグラ
著者:夢野久作

あらすじ

目覚めると、主人公はある精神病院にいた。

自分の名前は自分で思い出さなければならないと、そこに勤める博士に言われ、自分の名前を思い出すためにさまざまな資料を読んでいく……。

感想

あらすじ、どう書いていいか迷いました……

一言で表すと、精神病院を舞台にしている不可思議な話、といったところでしょうか?

「この話を読む者は精神に一度は支障をきたす」
と言われている本だったので、前々から気になっていました。

そして読んだ結果、とりあえず精神異常は起こさなかったです(笑)

しかし、なんと珍妙なと言いましょうか……
難しく、おかしく、不可思議で、

いま自分は何を読んでいるのだろう?

と分からなくなるときもしばしば。

話の半分ほどが、主人公が自分の名前を思い出すために読んだ「資料」で埋め尽くされています。

その資料も不思議。
「チャカポコチャカポコ」と連続して綴られている箇所があるのですが、
その小気味よい言葉に頭を埋め尽くされてしまいました。

そんなチャカポコ祭りから抜けても、まだ資料は続く。

そして、すべての謎が解けたとき、
ラストの文章に

終わりは始まり

であると衝撃の真実を突きつけられます。

無限ループ

その考えに至ったとき、
真の恐怖を感じました。

読んで良かった作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です